人気ブログランキング |
<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
現場
c0032982_22281897.jpg












ゆっくりとしかし着実に進む現場。
by toru_murayama66 | 2006-05-30 22:30
青森
c0032982_21425676.jpg












それで昨日、一昨日と間髪いれずに青森へ。最大の目的は、担当者と青木さんとで美術館についての勉強会なのだったのだけれど、急遽、妹島さんと西沢さんが美術館を見てくれるということで案内することになり、さらに、不具合の最終打合せも開催されることになった。ので、勉強会はほんの少し。妹島さんの案内がその打合せの先にあったので、心ここにあらずでソワソワしっぱなし。
どこに責任の所在があるか、見極め、整理し、順序立てて冷静にことをすすめること。それを頭を使わずに感覚的にできてこそ大人だという。ということは、僕はまだまだ子どもということか。いやはや。夜の飲みで、ボスが「人生は大いなる冗談だ」と発言。うん、納得。そして、明日からまた大阪。
by toru_murayama66 | 2006-05-26 21:52
大阪
c0032982_2121592.jpg












先週末からどたばた。全力疾走中。
いよいよ大阪の現場が着工。近所に挨拶回りと天井解体につき合い、午後からは施工業者の事務所で夜まで打合せ。設計の人が横にいると打合せが早い。気になっていることへの解決策、そこから派生する新しいディテールレベルでのアイデアが次々とでてくる。設計中に悩んでいたことが一気に解決するんだからもっと設計をスマートに進めて現場で詰める、ことができれば一番いいんだけれど、やはり決定の時間が大幅に違う。でもなんだかんだいって、僕の場合、あることを決定するときって以外に最初に考えていたことに落ち着くのが8割。2割の迷いのためにスタディを行うことになる。ということは問題なのだろうと思う。最近。
大阪の現場ということで、少し時間をつくって母校へお世話になった方々に挨拶に。卒業して以来の来学で、おまけでミニレクチャーをお願いされていて、いささか緊張。まさか自分が母校でレクチャーをするとは夢にも思っていなかったのだけれど、折角の自分を試す機会なので快諾した次第。就職活動の話、ポートフォリオの作成秘話、青木事務所での生活、青森県立美術館の現場、など、2時間も話させてもらった。学生さんの反応が気になったけれど、みな物静かな感じで率直な感想をあまり聞けなかったのが残念だったけれど、刺激にはなっていた(と聞いたので)ということで、成功だったと思う。いつの時も若い人と接することは楽しいものだ。
もちろんついでにひさしぶりに実家にも帰り、横に鎮座する101番目の家を眺める。実際に働きだしてこの家のあらゆる面でのすごさをひしひしと感じる。いつの日か、この住宅を超えるもをつくってすごさを感じなくなる日がくるのかなと思い、東京に戻る。
by toru_murayama66 | 2006-05-26 21:42
詰まったものを一気に流す。そんな感じ。
c0032982_2155341.jpg












ボスからのおみやげ。シルバーのチョコレート。とてもチョコには見えない、鏡面の金属のよう。すばらしい。
いろいろな問題が詰まっていたが、今日、一気に解決した。ほっと一息。しかも家族からうれしい知らせ。また楽しみが増えた。来週から頻繁に大阪に行くことになる。プチ常駐。
by toru_murayama66 | 2006-05-11 22:02
ピンクのスリッポン
c0032982_22504561.jpg












5年ぶりにHOUSEのスリッポンを買った。前回はブラウンで今回はピンク。この5年で趣味が大きく変わったと実感。
昨日はテツオさんの道場やぶりに建築道場@吉祥寺へ。時間がおしてテツオさんの話は結局15分しか聞けず。修士制作から青森への繋がりをじっくり聞けると思って期待していたのだけれど。。。残念。学生のプレゼンは「リニアな敷地対してマッスなヴォリュームをヒエラルキーなく配置することでヴォイドを活性化する」みたいなあまりにも偏りすぎた専門用語の羅列にげんなり。これらの言葉を繋げるだけでそれらしく問題論理的(言葉の上で)を解決したと勘違いしてしまうことは大問題だと思った。けれど、まさに自分も学生のころはそんな言葉を多用していたことも事実。う〜ん、今の日本の建築教育について考えさせられます。
by toru_murayama66 | 2006-05-08 23:02
2004
c0032982_16534827.jpg












なかやまさんの松本の住宅のオープンハウスに行って来た。場所に対するボリュームのあり方、内部の構成のずらし方、ハートフルなストーリーによるディテールのあり方、どれをとってもすばらしかった。イヤらしい建築家の一方的かつ啓蒙的な生活の提案をしているのではなく、幸せな生活のかたちを提案したらこういう住宅になり結果的になんだか新しく見えている、そんな感じ。コンセントやスイッチなんかの建築的にはすごく邪魔で扱いにくいモノがなんだか幸せそうにそこにあったりもする。とても幸せな一時を体現できた。
by toru_murayama66 | 2006-05-04 17:08
席替え
c0032982_20425882.jpg












席替えしました。背面に本棚ができ収納力アップ。さらに奥まった場所なので集中力アップ。さらにさらに野口くんの横でおちゃらけ度アップ。いや、最後は余分か。。。
明日は事務所のみなで中山さんのオープンハウスに松本まで行く予定。
青森残務処理のフォルダに「責務」とタイトルをつけ、自分を鼓舞。
by toru_murayama66 | 2006-05-02 20:51