JAA
by toru_murayama66
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
成瀬猪熊さんの展覧会
c0032982_2229874.jpg












オゾンギャラリーでの成瀬猪熊さんの展覧会のオープニングに顔を出した。お二人がどのような建築を創造しているのか、これまで実作がなかったためによくわからないでいたけれど、この展覧会を見たことで彼らの芸風が少し分かったような気がした。「コト」の部分からスタートして新しい建築のあり方を探ろうとする姿勢は僕には全くといってないだけに、彼らのそのスタンス、芸風はクレバーかつ現代的だと思った。そこから最終的な建築としての「モノ」の良さに到達できるかが次のステップになると思うが、同世代として是非ともそこまで到達してほしい。
[PR]
by toru_murayama66 | 2010-09-29 22:41
葉山
c0032982_21392945.jpg












縁あってせじまさんの葉山の小屋を見学させてもらった。直方体を上下で2分しただけという単純な構成ながら、大きな窓と高い天井高によってとても潔く心地よい住宅になっていた。個人的にはかなり好きな芸風の建築だったが、これをせじまさんがしなくてもいい気がしなくもない。芸風が違う。そんな気がした。
[PR]
by toru_murayama66 | 2010-09-27 21:52
豊田
c0032982_1843337.jpg












ちょっと遅い夏休みで大阪での友人の結婚パーティーのついでに名古屋に行ってきた。名古屋では豊田市美術館の石上展のそれも初日に行ったのだが、オープン直前に例の空気の建築が倒壊、もうひとつは製作中ということで、全6作品中2作品が見れないという状況。いやいや、それを考慮してできるだけ早くに行ったのに。だからというわけではないと思うけれど、豊田の方が作品は大きく迫力はあるけれど銀座の方がおもしろい。空気の建築は学芸員さんに特別に見せてもらえたのはよかったけれど、完全に消化不良。
美術館本体は相変わらずものすごい完成度。もう何度も訪れているけれど、実務を経験するとさらにその狂気ぶりに感嘆する。今回はまたまた運よく美術館の横にある谷口さんの数奇屋建築のなかも見ることができ、大興奮。あれだけの現代建築をつくれる人は数奇屋建築も難なくつくれるのだな。豊田に行かれた人はぜひこちらも見学することをおすすめします。
その後は近くにせじまさんの豊田市交流館(?)もあるとのことで行ってみたが、これが酷い。目も当てられないディテールが多く、残念なものとなってました。予測するに、消防にはかなり振り回されたのだろうなという箇所が多く見られたけど、それ以前に現場レベルで起こりうるだろう問題を実施設計段階で解消し切れていないのだろう。せっかくの公共なのだからもうちょっとがんばってほしい。そうしないともう僕ら世代に公共の仕事は完全になくなってしまう。
[PR]
by toru_murayama66 | 2010-09-24 18:25
ギャラリーちょっと
c0032982_17473079.jpg





















ひさびさにギャラリーめぐりをちょっとだけ。清澄ヒロミヨシイの建築展は都市をテーマにしている割にはみなさん、かなりの自由演技でテーマは見えない。案の定、どれも売れてないようで、まだまだ建築(模型)作品がアートとしては受け入れられていない様子。実際にある建物の模型はやはり模型。実物にはかなわない。
次は銀座で石上展。おもしろい!すげーすげーなんて言いながら恥ずかしながら興奮してしまった。つまりはそれらの作品が建築ではない域に達しているがため、知的で独創的はアート作品として見れる。もはや建築家ではなく、地球を創造する神のよう。
それにしても写真の住宅、発表しないのかな?
[PR]
by toru_murayama66 | 2010-09-24 18:03