JAA
by toru_murayama66
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
G TOKYO
c0032982_1263815.jpg




















森美で行われているG TOYKOへ。
会場もゆとりがあって、さらに厳選したギャラリーのみということもありとても見やすいアートフェアだった。写真のカプーアの作品は前にスカイでみた以来だったのだけど、視覚聴覚を揺さぶられる感覚はさすが大御所。昔から同い年同郷というころもあり好きな金氏くんの立体が350万。大きくなったものだ。数年前に数万だった時に買っておけば、と悔やむ。。。多くのギャラリーがリヒターや名和さん、横山裕一など売れそうな(売りやすい)ものを持って来ているのに対してタロウナスはアートフェアに不向きなライアン・ガンダーのコンセプチュアルアートをぶつけてくるところに那須さんの男気を感じる。ライアンの目に見えないものを作品にする知的な試みは確かに、那須さんが好きな理由が伺える。これもただ売れればいいという売り上げ至上主義ではなく、本当にいいものを紹介し拡めていきたい、というスタンスの現れ。本当にアートを愛しているんだなと感じた。総じて、確かに日本の現代美術はディテールと技術に支えられているんだ、と実感。
[PR]
by toru_murayama66 | 2010-01-31 01:55
批評について
田中功起、言葉にする』での保坂健二朗さんとの批評の話がおもしろかったので、メモ。

批評をする時には、基本、作家のやりたいことや関心は変わらない、ということを前提とする
物的なモノの違いははずして作家の内側を抉り出す
その作品にふさわしい言葉をさがしだし、文章にする

これはあくまで作り手(作家)ではなく、語り手(批評家)としての立ち位置ではあるが、昨今の作り手はそのどちらからでも語れる技量を問われることが多いので大いに参考にしようと思う。
[PR]
by toru_murayama66 | 2010-01-29 13:26
This is it

[PR]
by toru_murayama66 | 2010-01-28 01:52
奇跡的な出来事
c0032982_21313982.jpg












ブログを読み返してみてほんと奇跡的な出来事だったと思われる2005.3.4の投稿。
あの時の青森での生活はつらかった。。。以下、抜粋。


今週は大変な目にあった。

日曜
電車で弘前に行こうとしたら、通常40分で行けるところを5時間かかった。

月曜
1 時に仕事をきりあげ、駐車場に車を入れるために1時間雪かき。が、深みにはまりJAFを呼ぶも2時間待ち。

火曜
1時前に仕事をきりあげ、駐車場に車を入れるために1時間雪かき。車を入れようとするが鍵を紛失している。家の鍵も付いていたため家にも入れず。仕方なく救急の鍵屋を呼び、車のキーをその場で造ってもらい(15000円)、コンビニの駐車場で就寝。
→青森に来て鍵を紛失するのは2度目。前は仕事納め日。鍵を落としても雪だと全く音がしないので気付かないうえ埋もれてしまって見つけるのが非常に困難。

水曜
12時過ぎに仕事をきりあげ、雪が少なかったので雪かきなしで駐車を試みる。も、見事に深みにはまり、JAFを呼ぶも1時間半待ち。
→単に僕の運転が悪いのではなく、どんくさいのはあるとしても、駐車巾、それと、パワーがあるように見えて実はまったく、ただ重いだけでさらにスタッドレスといいながらもすり減りすぎてまったく効力を発揮していないSURFに問題がある。

ということで、木曜からは家から歩いて15分くらいかかるコンビニの駐車場に車を止めている。そこから家までの氷の道のりほどつらいものは、、、ない。


ほんと奇跡。実は交通がらみのトラブルは結構あるほうで。
長野へのスキーの帰りに名神通行止めにより帰阪に18時間閉じ込められる。食事はなし。
東京へ深夜バスで行くも台風により東名通行止めにより23時間バスに閉じ込められる。食事はバス運転手さんが苦労して手に入れてきてくれたパンの支給が一回だけ。しかも前から順に好きなものをとっていくシステムで最後部にいた僕に残っていたのは、、、かにパン。。。「味ないやん!」と心のなかでツッこむ。
など。今度はどんなトラブルに巻き込まれるのか、楽しみだ!と言っておく。
[PR]
by toru_murayama66 | 2010-01-27 21:46
Museum in a Shoes box
c0032982_2185695.jpg














スウェーデンのアーティスト兼建築家であるKristina Dalbergによるウェブ上のみに存在する架空の美術館「Museum in a Shoes box」。思わず真似したくなるくらいおもしろいアイデア。
[PR]
by toru_murayama66 | 2010-01-26 21:14
内藤礼
c0032982_21463679.jpg























日曜は内藤礼展@鎌近。
自然をささやかに可視化するインスタレーションは、今そこにある空間があらゆる自然に満たされている、と気付かさせてくれる同時にその空間に無限の広がりを感じさせてくれる。視覚を刺激するレンジのミクロからマクロへの幅がすごい。彼女にとっては展示室もただの自然なのだろうな。
[PR]
by toru_murayama66 | 2010-01-25 21:56
大相撲
c0032982_21385415.jpg












オープンハウスの後は事務所のみなで大相撲初場所14日目升A席。朝青龍の取り組み前時間いっぱいのあの気合の入った顔を見れた幸せ。高見盛のパフォーマンス(?)は最高の盛り上がり。十両でも関脇くらいにならないと取り組みの駆け引きが見れないのは実力が拮抗しているからなのか、それともそういう決まりなのか?相撲後は浅草でドジョウ。
[PR]
by toru_murayama66 | 2010-01-25 21:46
タト 二子新地の住居
c0032982_21324296.jpg












タトアーキテクツ島田さんのオープンハウス。
北野町のアイデアリミックス設計手法に比べると幾分おとなしい感じだけど、二子新地では施主の「好み」も大きく反映されている分(学生からの友達)島田さん独自の内部構成の妙がわかりやすく表出化(一本化)していていい感じ。「今回は協働設計みたいな感じになった」と言ってたけど、そうあった方が確実にジャンプ力が増しておもしろいものになっている気がする。外壁の焼杉が渋い。
[PR]
by toru_murayama66 | 2010-01-25 21:38
ゴームリー
c0032982_21293499.jpg










サイトがありました。最近できたのかな?前はなかった気がする。
[PR]
by toru_murayama66 | 2010-01-22 21:32
ほうとう不動
c0032982_2163272.jpg





















のトイレ。結局こんなところが一番おもしろいと思ってしまう僕。ただの残余空間、意味はないけど強度はビンビンにあるそんな空間。昔タロウナスオーサカでこんな空間を創造していたことを思い出す。
[PR]
by toru_murayama66 | 2010-01-21 21:10