JAA
by toru_murayama66
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
青森 十和田
c0032982_19205044.jpg












あおもり犬を間近で観るための屋外階段の現場を見に青森へ。企画展展示があのなつかしの『人体と不思議展』だったこともあってか連日大入りらしい。僕ははじめてみたけれど、あんなのよく観れるものだ。。。その反面、常設展示はガラガラだったけれど展示の仕方が結構良くて2年あの空間と試行錯誤しながら歩んできた学芸員さんがうまく使いこなしてくれていて感動。

c0032982_19291150.jpg












それでこの機会にということでオープニングに行きそびれた十和田市現代美術館に行って来た。金沢が街ならこちらは村といったスケールとヴォリューム感。西沢さんの美術館建築に対する経験値の高さがバリバリにものをいっている。展示室を設計するうえで何が重要で何が切り捨てられるか、そのさじ加減が絶妙ですべてのことをさらっとこなしている。上の画像のミュルクの部屋はおそらくその窓は作品を入れるために開けたのだろうけれど、ぱっと見はおばあちゃんが外を見る、そのために窓を設えたように見えるし、空調も作品の背後の壁と床の入隅に吹き出し、その反対側の壁と天井の入隅に吸い込みと展示室とその作品によって最適な方法を選び取り馴染ませている。すごい。

c0032982_1944023.jpg












さらには美術館を設計するときに誰もが隠蔽したがる消火器を廊下にさらっとおけてしまう、そのクレバーさといったら。。。ガラスも潔いぐらいシングルで潔い結露受けをつけているし、コンクリート金コテの床はクラックがほとんど入っていない入らないくらいきれいで、唯一気になるのは開閉式のアルミサッシュがごついくらい。

c0032982_19524278.jpg












作品は比較的まだ安い作家を使っているにも関わらず、ハンス・オブ・デ・ピークの『オペレーション5』を筆頭に一般の人も十分に楽しめるほどわかりやすく、かつクオリティーが高い。う~ん、褒めすぎですかね。
[PR]
by toru_murayama66 | 2008-06-30 20:02
1ヶ月半の間に
c0032982_20333038.jpg












taro nasu tokyoの見学に行ったり、


c0032982_20351171.jpg












おばあちゃんの法事のために鳥取に行き、石破防衛大臣のとなりで食事をしたり、


c0032982_203729.jpg












竜治さんの展覧会を見てその才能に惚れ惚れしたり、


c0032982_20374472.jpg












雨の香港を満喫?したり、


c0032982_20381672.jpg












30歳になったりでした。マルセル、内部さんケーキありがとう。
来週末は青森で再来週は香港。そうそう、その前に平田さんの送別会か。
たまには仕事の話も書かないといけないな。。。
[PR]
by toru_murayama66 | 2008-06-16 20:43