JAA
by toru_murayama66
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
次々進む
コンペは「えっ?」という感じで終わりました。
タロウナスさんから来月行われる東京アートフェアのインヴィテーションを頂いた。
アグネスの時と同じように、欲しくて欲しく仕方なくなるんだろうな。。。
でも、いくぞっ!あっ!!いくぞ!!!
[PR]
by toru_murayama66 | 2007-03-22 21:40
ルー語変換により
前の書き込みが以下に変換されました。

なんとなくライタン。ここのところタイムがあるせいか、シンキングを募らせています。でもうまくまとまらない。だからではないけれど、いろいろなものを見ています。

たとえば、『松ヶ根乱射イベント』(ムービー)
リンダリンダリンダの山下監督の最新作。ムービーにはフルにないけれど、ムービーの形式、お約束があるとすれば、それをリファレンスしながらもビューティフルに違うものにしてしまうおもしろさ。もしくは、やりたいことを逆に形式にアプライしてしまうクレバーさ。よいです。

とか『NARA』(ムービー)
アートギャラリーでもお世話になった奈良さんのAtoZまでの記録ムービー。うん、まさに記録でした。ワークについて、ピュアな気持ちを奈良さんが素直に話している。うん、言えることはそれぐらいだろう。こういうドキュメンタリーってディッフィカルト。

とか『真冬の同窓会』(プレイ)
美術館でお世話になっている弘劇の東京公演。プレイは弘劇以外ほとんどビューしたことがないので、ビトゥイーンアワーセルブズ的評価にサファーする。おもしろいけれど、それをまったくワードにできず。

それと『A』(住宅)を再び。
ラストタイムからたった2ウィークくらいしか経っていないのに見違えるほどの変貌ぶり。というより、前はワーカーさん、マテリアル、トールがところナローとあったからか。

あと新コンストラクションにtaro nasu bambiがアピアランスされました。また稚拙ながらテキストライトしました。


以上です。
[PR]
by toru_murayama66 | 2007-03-07 14:03
ライタン
c0032982_2093894.jpg
















なんとなくライタン。ここのところ時間があるせいか、考えを募らせています。でもうまくまとまらない。だからではないけれど、いろいろなものを見ています。

たとえば、『松ヶ根乱射事件』(映画)
リンダリンダリンダの山下監督の最新作。映画には詳しくないけれど、映画の形式、お約束があるとすれば、それを引用しながらも見事に違うものにしてしまうおもしろさ。もしくは、やりたいことを逆に形式に当てはめてしまう巧妙さ。よいです。

とか『NARA』(映画)
美術館でもお世話になった奈良さんのAtoZまでの記録映画。うん、まさに記録でした。創作について、ピュアな気持ちを奈良さんが素直に話している。うん、言えることはそれぐらいだろう。こういうドキュメンタリーって難しい。

とか『真冬の同窓会』(演劇)
美術館でお世話になっている弘劇の東京公演。演劇は弘劇以外ほとんど観たことがないので、相対的評価に苦しむ。おもしろいけれど、それをまったく言葉にできず。

それと『A』(住宅)を再び。
前回からたった2週間くらいしか経っていないのに見違えるほどの変貌ぶり。というより、前は職人さん、材料、工具がところ狭しとあったからか。

あと新建築にtaro nasu bambiが掲載されました。また稚拙ながらテキスト書きました。
[PR]
by toru_murayama66 | 2007-03-06 20:39