JAA
by toru_murayama66
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
事務所の画
c0032982_18304822.jpg












ほぼ乱雑。
青森関係の急務な仕事が多く、一体いつになったら建築をつくれるのやら、なんて思いながらの作業の日々。この仕事、ほとんどグラフィックデザインのなかで如何に建築的につくれるかを問題視したいところ。学芸の工藤さんに僕のデザインはグラフィックデザイン的と評された時から気になっている問題。なんとなく言わんとしていることはわかる。大いにわかる。いわば、綺麗にまとめていく、その幅に収まっているということか。建築にしかできないデザイン、追求したい。で、竹尾の青山見本帖に行ってみた。膨大な数の紙を眺め、触り、してみた。ちょっと頭がすっきりしたような気がする。真摯にモノを見つめてみることにしてみようと思う。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-11-30 18:42
デザゲン
http://www.fujisan.co.jp/product/1770
来月号の見本品が届く。というのは、青森のサインの特集が組まれているから。写真もナカサが撮っているだけあって彩度を押さえ気味な感じと、サインだけでなく少しだけ空間を捉えているそのさじ加減がいい。取材時にこだわった部分をきちんと伝え、見せ所はすべて撮ってもらった甲斐もあった。並べられてはじめて気付くことってあるけれど、青森の場合こうして見ないと絶対見落とすだろうところの方が多いと思う。そこまでやらないと「サイン」の特殊な記号性は消えないと思ったから、なのです。みなさん是非ご覧になってください。発売はたぶん28日です。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-11-25 23:05
ひさしぶり、青森。
c0032982_23301385.jpg












月曜から水曜まで理策さん撮影同行のため青森へ。空港に降りればそこは雪の世界。ヒンヤリとしたミントのような空気がとても懐かしい。青森ではいろんな写真家さんに撮ってもらっている。それぞれ、撮影の、道具の、サイズの、スタンスのスタイルが異なり、おもしろい。理策さんは時の概念と主観を大切にする人で、その撮影の動きはゆっくりと、そしてどっしりとしている。さて、ストーリーとしてこの青森をどう捉えて頂けるか。一方向からではなく、多方向から、それも5つくらいの筋をつくらないといけないだろう。僕だったらどうするか、たぶん、オムニバス映画のようにつくるかな、と思った。ひとつのストーリーで完結するのでなく、ひとつのテーマでいろんなストーリーをつくる。で、テーマは夢かな。
理策さんと入れ違いで阿野さんが来青。毎度思うことだけど、阿野さんの撮影の動きは全く無駄がなく、ほんときちんとしている。ほれぼれするくらいに。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-11-24 23:45
現場見学
c0032982_22444139.jpg












今日はのんちゃんがやっている青山の美容室の見学にのぐつくんと。天井いっぱいに広がる雲のような照明のシェードというか、紙(ワーロン紙)の群。そもそもこのビルのプランがとても歪で、ここで設計をしろというのも酷な状態でこの解答だすところが、さすがのんちゃん。お金を使った仕様がそのまま高級に見えるかと思えばそうではなくて、それなりのお金を使ってそれなりに高級にするのって結構難しいんだなと思った。「それなり」がね。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-11-18 23:03
少しづつ
ほんと少しづつ、仕事のカンが戻ってくる感じ。といえど、やはりまだ設計の仕事ではいので実際に設計を始めると苦労することが多そうだな。
昼は事務所の人とちょこっと遠出してブルーマークカフェ『インコ』で昼食。開店してから二ヶ月。こちらは少しづつ小さな問題が浮き彫りになってきている。まあ、建築は往々にしてそうだから、とは、トさんの口癖か。ここでご飯モノを初めて食べたが、ややもどうして、さすが菊地さん。最高の中流ってほんと贅沢。普段から当たり前に食べている普通のものの扱い方を少し上げてやるだけでものすごく贅沢に感じられる、そんなポイントをうまくついている。空間も行く度に落ち着いて良くなっているし、客も徐々に入るようになっているっぽいので、このままズドーッンといってもらいたい。

写真、載せないとな・・・。いや、その前に撮らないとな。。。。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-11-17 21:32
ただいま
アート漬けの休暇も終わり、先日から東京事務所での仕事が再開。気分は全く新入所員。当面は青森本の編集作業が主な仕事となる。さすがに青森の、それも車通勤10分から満員電車通勤50分となると仕事を始める前からどっと疲れる。慣れるとは思うけれど、少しリハビリが必要な感じ。本の方は以前のフォーマットを踏襲したものになる予定なので、デザインの幅は狭い。と思われるかもしれないけれど、なんせ単体の建物。メインとなる写真の組み方をどうするか、ワンパターンでは場がもたなそうだから撮ってもらう前からしっかりとしたビジョンで、それも3種類くらいの撮り方をしてもらう方が良さそう。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-11-15 21:37
ばったり
ニューヨークのメトロで妹島さんにばったり会った。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-11-09 08:18
NY
明日から一週間、ニューヨークに行ってアートにどっぷり浸かってきます。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-11-02 17:40