JAA
by toru_murayama66
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
青森 青空 青木淳
c0032982_20504844.jpg












設備棟外壁のその美しいこと。

ボスが来森するときは必ずと言っていいほどいい天気になる。すばらしい晴れ男。夕方にサウンドスケープデザイナーの庄野泰子さんが見学に来られたので現場案内。そのジャンルがイマイチ掴めなかったので色々質問する。が、風や水など自然要素の音を使ったデザインが主であること、その音が空間に直結できていないことなど感じ、自分のデザインの幅を自分で狭めている。少し頭打ち気味だと思った。
夜は例のごとく、ボスを囲んでの宴会with長谷川さん。ルールのなかでボスと一緒にゲームを楽しむことが青木事務所の設計のやり方だ、とか、デザイナーは反射鏡であって劇作家のように身を削ってモノを生み出すことはしない、など。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-05-27 21:26
気分転換に
c0032982_22132030.jpg












最終仕上げの段階に起こる問題は、80%爆弾級の問題で、今週はずっと爆弾落とされまくっている。ということもあって、気分転換に大掃除。これからさらにお客さんが増えることも必至だし。トイレの設計の際に取った大量のサンプルも処分。はじめの頃はその材料がもつ質感を確かめるために気になるものは何でも取りまくった。そのおかげで質感を見極めることも(多少)できるようになったし、電話の対応もこなせるようになった。思えば、いい訓練になった。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-05-25 22:26
カーテン
c0032982_2392433.jpg












NUNOの安東さん来青でカーテンの柄決め。
テキスタイルのそのバリエーションの多さにいろんなアイデアが浮かぶ。カーテンだけで相当おもしろいことができそう。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-05-23 23:20
ルールやぶり
c0032982_2229631.jpg












弘前のさくら。城堀を埋め尽くすさくらの花びら。

昨日はサイン打合せ@bluemark事務所in東京。ひさびさの東京は25度もあり、青森仕様の体には堪える。おまけに明らかに青森仕様の自分のキャパを越えている情報量にぐっと疲れる。
何かをデザインする時に「ルール」をつくることはよくやることだけど、何が何でもルールにのとってデザインを決定していく姿勢は、その次のフェーズ、最終的にそのモノがそこに置かれることで空間がどういった質をもつか、ということ見失うことが多い。「ルール」はあくまでいち規範であり、ただのきっかけにしかすぎない。など。

5ヶ月ぶりに青木事務所東京本店に行く。時が経つのは早いけれど、5ヶ月って。。。自分が本当に青木事務所の所員か疑う。今自分が現場でやっていることと、本店でやっていることは、同じ建築設計とはいえ大きな乖離があり、焦る。できあがるモノのイメージが実際空間のなかでどのような現れ方をするのか、そしてそれを実現させるのはどうするればいいか。建築をつくることは、きれいな図面を描き、きれいな模型をつくることでもなく、如何により魅力的な実際空間をつくるか。それを現場で覚えることができた自分。ホント、ついてるな〜。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-05-20 23:10
ぞくっ、と
c0032982_2225446.jpg












するくらいのレンガの仕上がり。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-05-17 22:19
いよいよ
c0032982_22423969.jpg












白くなってきた。
数週間前の茶色いレンガから様相が一変し、全く違う建物が現れた印象を受ける。レンガの目地がかえって目立たず、白いのっぺりと、それでいてペラペラした軽い外壁が出来上がっている。すごいの一言。この豹変ぶりは一見の価値あり。この美術館は、版築がフューチャーされがちだけれど、完成するとおそらく、そのレンガが話題になるだろうことが予想できる。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-05-16 22:54
料金表示
c0032982_22315436.jpg












「観覧料はいくらですか?」なんて質問はないように。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-05-14 22:34
表現の必要性
c0032982_23382666.jpg












下向きに凹凸のある白いボリュームと、上向きに凹凸のある土のボリュームがイレギュラーに重なり、表と裏の空間が連続して続いていく青森の基本コンセプトを表現するために、白いボリュームを地面に接地させず150だけ浮かすというディテールがたびたびでてくる。けれど、これはあまり効果がない、というかむしろ逆効果で安っぽく見えてしまっている感があるな〜。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-05-11 23:49
八角堂シート防水
c0032982_2330951.jpg












八角堂、非加硫ブチルゴム系シート防水の画。
この防水を選択したおかげで日本一高い青森コンクリートを余分に使うことになった。他の変更でも相当増額がありそう。パッと見は安く見えるような仕様だけど、ものすごくしっかりした収まりや割付をした分だけ空間になんとも言えない緊張感があるはず。そのための増額なら致し方ない。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-05-11 23:37
パスタ三昧
c0032982_16495180.jpg












晩ご飯の一週間に3回はパスタ。
いい加減飽きてもいい頃だけどかれこれ2ヶ月はこんな食生活。昨日はベーコンとアスパラのパスタ。その前は、トマトとナスのパスタ。その前はコーンとベーコンのスープパスタ。もっともっとレパートリーを増やして7/7パスタにしようと思う。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-05-08 16:54