JAA
by toru_murayama66
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
展示室C
c0032982_23311056.jpg












左官工事をしている横に突如姿を現したホワイトキューブ。隅になにげに置いてある蛍光灯が作品に見えてしまう。それほど、この空間は、やはり、非日常なのだろう。
空調スリットと照明鉄骨を近づけてひとつの属性にし、要素を減らす。それらを入隅から離して配置することでエッジを効かせ、より箱としての抽象度を増させる。これに、カラーモルタル(白)仕上げの床がくる。モルタルとタタキの見切りで、どう、空間が変化するか。そのコントラストがどう効いてくるか。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-02-28 23:45
。。。
http://2.suk2.tok2.com/user/mig29/
ある鬱の青年のプログ。
そしてそのまま自殺したいので拳銃下さいとゆう事件に発展した。
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MNP&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2005022001001621
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-02-26 00:17
あいもかわらずゆき
c0032982_23543483.jpg












現場にいると、結構こういう縮尺模型を使ってのスタディを忘れがちになる。いかんいかん 。仕事をし始めていきなり、県立クラスの美術館のサインやトイレを担当している、ということは意外にプレッシャーがかかることなのかもしれない。と、今になって思うほどプレッシャーを感じていない自分がいる。これも「いかん」のかな。

ふと、「自分がやっていることが世界で一番おもしろい」と常に思っている人を思い出す。端から見てそれがほんとにおもしろいかどうかはさておき、彼のその傲慢かつ傲慢なところは見習うべきところ。そこから生まれてくるパワーと自信が結果的に平凡なアイデアでもおもしろく見せてしまう。そして最後にはこういう人が勝っていく。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-02-26 00:12
なんで
c0032982_023786.jpg












こんなに降るんだろう。と思うくらい降りに降る雪。
事務所の僕の机から見える風景。まさに雪国。
連日サインの打合せが続く。力の抜けた感じに納めようと必死になっている。逆にそうすることで使う労力は多いわけで、結局のところ見え方を簡単にすればするほどコストも上がるし、ディテールも複雑になる。紙を使ってさくさくいろんな大きさやかたちの白い面をつくり、そこにグラフィックデザイナーがフォントを落とし込んでいく。そんなざっくりしたデザインを目指している。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-02-23 00:31
大にぎわい
c0032982_23494440.jpg












の現場事務所。
各JVが一同に会したらこうなる。わいわいがやがやした雰囲気が伝わってくる。

ようやくタイルの目地色が決定。ながかった。それに伴い、これからトイレに関わる部材や器機のもっと精密な色決めをしなくてはならない。一重に白といってもいろいろあり、それを調節するのは至難の業 , ここが最後のつめ, 気が抜けない。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-02-22 00:00
理不尽
雪もようやく落ち着いてきた。早く春が来てほしい。
今週はいろいろありすぎ、ちょっとつかれた感あり。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-02-20 19:02
memo
「それらしいこと」とまったく相反することをすることを軸におもしろい方向へ。そしてそのバランス。元にある大きな構成とそれを強く感じさせるためのミニマムな仕上げ及びディテール。
このようなことを、言葉に置き換えてから理解しないようにすること。反射的にできるようになること。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-02-16 23:16
新しい
c0032982_0342420.jpg












車が来た。
でかいうえに、もろボーダー仕様。以前はヤン車で次はこれ。全く僕の趣味が現れていない。まあ、走ればいいからなんでもいいけれど。
朝から家の駐車場で雪にはまってしまう。ついてない。ようやく抜け出せたと思ったら前の車が事故る。ゆっくり走っていても横滑りしてしまう。恐い恐い。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-02-16 00:36
気がつけば
青森に来て半年になる。実質的には東京に居るより長くなった。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-02-14 23:56
視認性
c0032982_17521173.jpg













ドイツに新しく導入されるらしい信号。
従来までの男のものよりこれの方がカーブがあって視認性が高いとのこと。写真のは電球式だけど、LEDになるのかは不明。というより、そもそもドイツの信号がLED化しているかが不明。それにしても可愛げのない女の子だな。

「好み」がデザインを決めていく大きな要素であることは確かだけど、果たしてそれでいいのか?と疑問をもちつつ決定していく。自分の基準を超えること、そしてその先を想像すること。それができること。
[PR]
by toru_murayama66 | 2005-02-11 18:26