JAA
by toru_murayama66
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
豊田
c0032982_1843337.jpg












ちょっと遅い夏休みで大阪での友人の結婚パーティーのついでに名古屋に行ってきた。名古屋では豊田市美術館の石上展のそれも初日に行ったのだが、オープン直前に例の空気の建築が倒壊、もうひとつは製作中ということで、全6作品中2作品が見れないという状況。いやいや、それを考慮してできるだけ早くに行ったのに。だからというわけではないと思うけれど、豊田の方が作品は大きく迫力はあるけれど銀座の方がおもしろい。空気の建築は学芸員さんに特別に見せてもらえたのはよかったけれど、完全に消化不良。
美術館本体は相変わらずものすごい完成度。もう何度も訪れているけれど、実務を経験するとさらにその狂気ぶりに感嘆する。今回はまたまた運よく美術館の横にある谷口さんの数奇屋建築のなかも見ることができ、大興奮。あれだけの現代建築をつくれる人は数奇屋建築も難なくつくれるのだな。豊田に行かれた人はぜひこちらも見学することをおすすめします。
その後は近くにせじまさんの豊田市交流館(?)もあるとのことで行ってみたが、これが酷い。目も当てられないディテールが多く、残念なものとなってました。予測するに、消防にはかなり振り回されたのだろうなという箇所が多く見られたけど、それ以前に現場レベルで起こりうるだろう問題を実施設計段階で解消し切れていないのだろう。せっかくの公共なのだからもうちょっとがんばってほしい。そうしないともう僕ら世代に公共の仕事は完全になくなってしまう。
[PR]
by toru_murayama66 | 2010-09-24 18:25
<< 葉山 ギャラリーちょっと >>